スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
2017年は新たな商品開発、更なるクオリティアップの年だと思っております。
T.P.LABOにとって節目の年になるかと思いますが、これからも何卒よろしくお願います。
謹賀新年


新年あけましておめでとうございます。
本年もより良い物を生み出せるよう努力してまいりますので、よろしくお願いいたします。
MILITARY EQUIPMENT Girls
日々製作に追われる身ですが、昨日「ミリコスガールズ」という本が送られてきましたので紹介したいと思います。



これは「ワニブックス」の「コミックガム」編集部が発行する、資料価値が高く、なおかつビジュアルにも拘った資料本となっています。

私は殆ど携わっておりませんが、知り合い関係が多数関係しているので当初より期待していた本でした。

忙しい合間を見て拝見しましたが、両面とも表紙という面白い構成で、外人女性を起用したリアル装備のグラビアと、逆からは人気作家さんのイラストと装備写真を交えたコーディネイトの紹介となっています。



こちらはイラスト面の表紙。

米軍の陸海空の各装備をイラスト&写真で紹介する内容ですが、装備の参考としては非常に資料価値の高い本だと思いますので、興味のある方は是非書店等でご購入ください!

ワニブクス オンラインストアー : http://www.wani.co.jp/event.php?id=3848
・アマゾン :http://www.amazon.co.jp/
・マンガ王 : http://www.mangaoh.co.jp/catalog/313656/

書店以外では上記のネットショップでも購入可能ですが、現在アマゾンは一時的に在庫切れのようです。

今回の本は米軍装備の資料本として非常に役立つと思いますが、まだまだ紹介しきれていない部隊や内容も有ると思いますので、ぜひぜひ次巻の発行を期待したいと思います!

2013 Happy New Year!


新年あけましておめでとうございます。

昨年は皆様からの製作依頼とイベント参加に全力で取り組んでまいりましたが、今年は新しく事務所もでき、通販のホームページも開設する予定となりました。

これもひとえに皆様のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

今後もより良い物が作り出せるよう一層の努力をしてまいる所存ですので、これからも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

また、新年の営業に関しましては、本年は無休にて製作に没頭しております。

5〜6日に行われる「ブラックホール」に参加時はメール等のお返事を含め通常業務は停止になりますが、それまではいつも通りですので、よろしくお願い致します。

「 立川防災航空祭 」その2


昨日に続いて「立川防災航空祭」の紹介です。
今回はヘリや車両以外の展示を紹介したいと思います。



「自衛隊携帯食」の展示。

美味しいと評判の自衛隊携帯食ですが、この展示では試食もできました。
凄い行列だったので断念しましたが、次は試食してみたいです。



「人命救助システム」



「煙体験ハウス」

防災関係の展示は、普段馴染みの無い機械に触れたり、災害時の疑似体験などが出来ます。



格納庫内にも色々な展示があり、整備作業の見学やヘリに乗り込んでの写真撮影などもでき、迷彩服を着る体験などは子供たちに人気です。



「野火消化機材 / バンビーバケット」

ヘリにぶら下げて火災現場に水を投下する機材ですが、実際に野外では実演も行われました。



「CH47-J/JA用エンジン」

エンジン関係の展示も多いです。



「UH-1用エンジン」



「OH-6用エンジン」



「ヘリコプター用 パイロットヘル」

実際に被る事ができ、展示のヘリに乗って写真を撮る事ができます。



沢山の家族連れに混じって何故かNAVYの方が並んで写真を撮っていました。
彼女と一緒に来ていたのでしょうか、楽しそうです。



野外では災害救助の実演が行われていたので、写真を撮ろうとしたのですが、見物の人ごみで良く見えません。

仕方なくカメラを高く掲げての撮影なので、あまり良い写真が撮れずに残念です。





次に実際に動く車両や機体への試乗体験を紹介します。



まず車両関係ですが、この基地祭では「軽装甲機動車」と「高機動車」の試乗ができます。



「高機動車」の試乗風景。



「軽装甲機動車」の試乗風景。

続いてヘリコプターへの試乗を紹介します。



毎回ヘリコプターへの試乗は行われているのですが、外の試乗とは違い搭乗できる人数が決まっているので抽選による選出となります。

抽選のための整理券が配布されますが、開場と同時に入場しないと貰えないほど競争率は高く、未だに試乗できた事がないので残念です。









あまり高くは飛びませんが、ヘリに搭乗できる貴重な体験だと思います。

最後にその他に目に付いた面白いものを紹介して、今回の基地祭の紹介を終わりたいと思います。



展示の脇に何気に置かれていたトロのぬいぐるみ。



自衛官の着ぐるみで「かすみ」ちゃんと言うみたいです。

子供たちが一緒に撮影していました。



売店の脇に展示されていた等身大のキャラクターポップ。

等身大なので大きいですが、このキャラクターの描かれたヘリも有るらしいです。(今回はヘリの展示は無かったです)



最後に謎のワニのオブジェ?

売店の脇に置いてありましたが、余った梱包材で作ったのでしょうか?何気に出来が良かったです。(笑)

さて、これで今回の「立川防災航空祭」の紹介は終わりとなりますが、自衛隊の基地は全国に沢山ありますので、機会が有れば是非今回のような基地祭に行ってみてください。

きっと普段馴染みのない自衛隊も身近に感じられると思います。

「 立川防災航空祭 」その1


前回の記事でも触れましたが、今月の11日に「立川防災航空祭」が行われました。

東京都立川市に有る陸上自衛隊の立川駐屯地では、毎年この時期に「防災航空際」を行います。

地元から近い事もあり度々訪れているのですが、前回お知らせした「ハンマーズ」さんの移転先から目と鼻の先という事もあり、今回もお店にお邪魔する前に行ってきましたので紹介させてもらいたいと思います。

立川駐屯地は東部方面ヘリコプター隊が駐屯している事もあり、展示やアトラクションはヘリコプターが中心ですが、敷地には東京消防庁と警視庁も隣接しているため、レスキューや警察車両などの展示もあり、航空隊による編隊飛行や災害救助活動展示も行われます。

東日本大震災の記憶も新しいので、このような展示を見ると改めて頼もしくも思えます。

今回は残念ながらあまり天気は良くなかったのですが、昼過ぎまでは何とか天気が持ちましたので写真を色々撮る事ができました。



「科学防護車」



「序線車3型B」

展示車には触れる事ができるのですが「序線車」は子供達に大人気でした。




何故かハマーも展示?されていましたが、まるでトランスフォーマーにでも出てきそうなハマーですね。

人が多く写真を撮るのも一苦労だったので車両展示の画像はこれぐらいなのですが、今回は車両の展示が少なかった気がします。

さて、続いてヘリコプターの展示です。



「UH-60J」



「UH-1」



この機体には目が有りました。(笑)



「AH-64D」アパッチ・ロングボウ



「CH47-JA」



東京消防庁「ゆりかもめ」



警視庁「おおぞら」



「R44」アメリカのロビンソン社のヘリという事ですが、昔の007とかに出てきそうなヘリです。



やはり珍しい機体なのか米軍の飛行隊の人が熱心に覗き込んでいました。



「UH60-A」米軍の飛行隊も来ています。







米軍は展示もオシャレですね。
説明パネルのイーゼルが鳥居の形になってます。

さて、普段は米軍関係のパッチを作る事が多い私ですが、やはり自衛隊のパッチも気になるという事で、所属部隊のパッチを付けている方を見つけては写真を撮らせて頂きました。











自衛隊のパッチも個性があって楽しいですね。

基地祭と言えば各部隊の出店的な物が良く有りますが、今回も沢山のお店が出ていました。



こちらは上で紹介した米軍の飛行隊による販売ブースです。







自衛隊のパッチ類も多く売られています。



外にも食べ物やお土産品などの屋台が沢山出ていて、さながら学園祭のような雰囲気ですが、家族連れも多く見られ皆さんお祭りを楽しんでいるようでした。

さてさて、今回は立川基地の「防災航空祭」を紹介しましたが、次回も車両以外の展示やアトラクションを少し紹介したいと思います。

義援金のご報告
 

先日のミニミリ4にて「東日本大震災」の義援金を募る募金箱を設置しましたが、先日ハンマーズさんの方で「日本赤十字社」の方へ寄付をして頂きました。

集まった義援金の総額は22.857円との事で、小さなイベントにも関わらず沢山の方に募金をしていただき、この場を借りてお礼を申し上げます。

来月で震災から一年となりますが、まだまだ復興までの道のりは長いと思います。

今後も機会があれば何かの形で協力していければと思いますので、その折には宜しくお願い致します。





Happy New Year!
 


新年明けましておめでとうございます。

昨年は良い事も悪い事も沢山あり、世間的にも自分的にも大変な年でしたが、昨年にも増して頑張りますので、今年も何卒よろしくお願いいたします。

Vショー後はブログの更新も間々ならない状況でしたが、31日までフル回転で仕事をした甲斐があってか、以前より欲しかった機械を購入する事ができそうです。

機械に慣れるまで暫く時間はかかると思いますが、作品の幅が更に広がりそうなので今から楽しみにしています。

製作からメール等のやり取りまで全て1人で行っているので、やれる事には限界はあると思いますが、今年はホームページなども製作して、定番商品の購入や個人様の製作依頼窓口を作る事も目標にしています。

また、イベント等にも積極的に参加して行きますので、イベントにお越しの際にはブースまで足をお運びください。

今年最初の参加イベントは1月7〜8日の「ブラックホール」となり、エンターブレインさんのブースにて場所を借りて出品予定です。

2012年 新春ブラックホール : http://blackholeshow.iza-yoi.net/

最後に新年の営業に関してですが、4日までは業務休止となりメール等のお返事も5日から順次させて頂きますので、何卒よろしくお願い致します。
お問い合わせについて。
 最近、お問い合わせに対する返信メールがエラーになってしまう事が多くなっております。

特に携帯からのお問い合わせに関しましては、スパム対策で「PCからのメールを拒否」の設定になっておりますと、こちらからのメールがエラーとなってしまいますので、お問い合わせの際には設定の変更をお願い致します。

パッチに関するお問い合わせにつきましては、特別な理由が無い限り、遅くても2〜3日中には必ずお返事しておりますので、もし返事が無い場合はメールの設定及びスパムホルダー等をご確認ください。

今後の支援活動及び、ビクトリーショーについて。

 「東北地方太平洋沖地震」が発生してから今日で2週間が過ぎようとしています。

東京での買占めによる物不足や停電、ガソリン不足なども少しずつ落ち着いてきた感じですが、被災地での救助活動や道路の復旧作業も続いており、また福島原発の状況も余談を許さない状態です。

今回の災害で必死に活動される方々を見るたび、本当に頭が下がる思いで、少しでも役に立てればと、この2週間の間、地味に活動していました。

募金や献血は前の記事で書いた通りなのですが、やはり自分には被災地で活動してくれている方たちに必要なパッチを提供するのも、1つの支援の方法だと思いました。

とりあえず、今まで問い合わせや取引の有った自衛官の方にメールで連絡し、被災地に向かう方に必要なパッチを無償で提供する旨を伝えました。

中にはメールが帰ってきてしまう物や、現地に移動中という方も居られましたが、これから向かう予定の方には、その任務に合ったパッチを提供させてもらいました。

反射材を使った物や蓄光などのパッチは、夜間の活動には有効な場合が多いと思います。

もう既に現地入りされている方も多いと思われ、残念ながら届けられない場合も有ると思いますが、この記事を読んだ自衛官、消防、警察、その他現地で活動される方が居られましたら、ご連絡ください。

必要なパッチを無償で提供いたします。

また、知り合いなどに自衛官の方などが居られましたら、この情報をお伝えください。

復興までは長い期間が掛かると思いますが、最後まで可能な限り提供し続ける所存です。




さて、次に今月27日に行われる、サムズミリタリ屋さん主催の「ビクトリーショー」に「T.P.LABO」も参加致します。

ブース番号は「K94」ですが、下記アドレスにて会場地図が確認できますので来場予定の方はご覧ください。

会場地図 : http://www.sams-militariya.com/l.html

なお、主催のサムズミリタリ屋さんによると、会場内で「東北地方太平洋沖地震」で被害に遭われた方たちへの募金を募るそうですので、来場予定の方はぜひ募金にご協力お願い致します。

また、サムズさんの募金に協力するため、当方は募金をしてくれた方へ下記のパッチを無償配布予定です。



現在、関東地方の各地で輪番停電が実施されるなど、より一層の節電が求められています。

これから長い期間の節電が必要となると思いますが、その節電を訴えるために作ったパッチです。(色は4色で、現在鋭意製作中です)

反射材を使ったパッチですので、夜間には非常に目立ちアピール度は高いと思いますので、このパッチを手に入れた方は是非着用してアピールお願いします!

ブースでの販売物等については、後日お知らせしたいと思いますので、またイベント前にでもアクセスしてみてください。